トヨタC-HR レーダークルーズコントロールを使ってみたけれど・・・

納車してから一度も使っていない装備であるレーダークルーズコントロール

一般道で通勤しているので当然と言えば当然であります。

しかし、最低設定速度が50km/h~ということで一般道で使用されている方がいらっしゃるようです。

前車に自動で追従し自動で停車するので通勤が楽チンになりそうですね。

ということで、ディーラーへ寄ったついでに使い方をお茶目な営業さんにご教示していただきました。

そう、私クルーズコントロール車に乗ったことがないので使い方が分からないのです。

よって、操作レバーにはビニールが被ったままであります。

f:id:SevenColors:20170602185438j:plain

 

私のC-HRは別件でメカニックさんのところにあるので、試乗車でご指導していただきました。

 このクルーズコントロールは走行中にしか設定できないとのこと。

ブラインド操作しないといけないので、正しく覚える必要がありますね。

 

まずは、レバー右にあるON/OFFスイッチを押してONにします。

その後、レバーを下に動かしてSET。

すると、走行していた速度で設定されメーター内の液晶モニターに表示されます。

速度の調整はレバーを上に動かすとUP、下に動かすとDOWNだそうです。

ちなみに手前に引くとリセットされるようです。

 

私のC-HRが戻ってきたので、帰りに国道で試してみました。

50km/h程度の速度で営業さんから教えていただいた通りに操作してみました。

レバーを上に動かし60km/hに設定すると、アクセルを踏み込んでいないのに加速する感覚に驚きました。

無論、60km/hに到達すると一定速度を保ちます。

なるほどステアリングに手を添えているだけなので快適です。

 

しかし、

①脇から車が合流してきた時に自動ブレーキ稼働し急減速。

②その車が車線から離れたとたんに急加速。

③その後は一定速度を保つも、大きく右に曲がるカーブで左車線の前方を走っていた車に反応し自動ブレーキで急減速。

④カーブの最中は減速か加速かを迷っている感じでずっと低速で走行され困りました。

⑤直線に戻ると赤信号で前方に停止車両がいるにもかかわらず急加速し、停止する気配もないので自身でブレーキを踏みました。

 

このレーダークルーズコントロールって高速走行前提のものなので赤信号だからと言って自動で停車してくれるはずもなく、乗っていてとても危険に感じました。

 高速に乗る機会があったら使うと思いますが、一般道での使用は止めておいた方が無難ですね。