トヨタC-HR コンソールボックス(アームレスト)の異音対策をしてみました 前回の続きです

toyota-c-hr.hatenablog.jp

 

toyota-c-hr.hatenablog.jp

 

前回の対策で、通勤におけるビビリ音発生ポイントは大幅に減りました。

しかし、前回行った戸当たり部分への対策では大きな入力に対して効果が出ていない模様。

 

今回は、こちらの部分にエプトシーラーを貼ってみました。

f:id:SevenColors:20170623162121j:plain

 

 隙間がなくて貼り難く食み出してしまってます。

この部分はエプトシーラーよりもフェルトタイプのシールの方が良かったかもしれません。

 肘掛部分が閉まった状態で揺すってみると、ガタツキは解消されていないため期待できそうにありませんね。

 

翌日、通勤路で確認してみると・・・

最初に逆戻り(笑)

余計酷くなってしまいました。

エプトシーラーを剥がそうと思っても隙間がないため剥がせません(汗)

ネジを外して部品を取り外さないと剥がせないかもしれませんね。

 

どうやら肘掛部分は見込み違いで、ボックスの方が怪しそうです。

ボックスを見るとメーカー出荷時から異音対策と思われる防音テープが貼ってあります。

その対策がイマイチでビビっているような気がしてきましたよ。

 

 ディーラーさんから部品交換ではなく異音対策でお願いしたいと言われてしまいましたが、ネット等で検索しても異音発生情報は見つからないので個体差によるものかなと個人的に思っています。

初期不良で部品交換にしないとメーカーは対策をしないので、できれば交換してもらいたいというのが正直なところです。

 

 そういえば、前回ネジを締め直した場所はコンソール底部分だったようです。

どおりで中敷きが逆になっていた訳です。

 

toyota.jp

 

拘りは理解できるのですが、こういったサイトに載せるならキッチリ作り込んでほしいですね。

品質は現れていないですよ。