トヨタC-HR 前車がいるのにオートマチックハイビームでパッシング

帰宅時、いつも通る道が渋滞していたので迂回路を通りました。

センターラインはなく街灯もほとんどないため暗くて細い道です。

通常、人や車の往来はほとんどありませんが、私と同じように抜け道を通る車がおりました。

なぜか異常に遅く走っており、車間距離が縮まってしまったところでハイビームに切り替わってしまいました。

前車からするとパッシングされたと思ったでしょうね。

しかも、車はハイエース

無論、因縁つけられたら勝手にハイビームにされたと言うのですが、そんな言い訳通用しないかもしれません。

そう思いながらも進行方向は同じであるため、そのハイエースについていくしかないのです。

その後も、そのハイエースは法定速度内の遅いスピードで走行し、程なくしてコンビニへ入っていきました。

 

とりあえず何事も無くて良かったですが、誤作動によっては命取りになる場合もあるので、今後オートマチックハイビームを使うか要検討ですね。