トヨタC-HR コンソールボックス(アームレスト)の交換で無事異音解消となりました

 

toyota-c-hr.hatenablog.jp

toyota-c-hr.hatenablog.jp

toyota-c-hr.hatenablog.jp

toyota-c-hr.hatenablog.jp

toyota-c-hr.hatenablog.jp

 

納車してから2ヵ月。

無事異音解消することができました。

本来であればもっと早く終わっていたはずですが、実は2週間前にC-HRを2日間預けてコンソールボックスの交換及びその他異音対策、ナビ感度確認を依頼してありました。

しかし、ディーラー定休日に通りかかったところ、ナンバーの付いていない未登録のC-HRがディーラーの敷地内に停めてありました。

敷地内と言っても誰でも簡単に進入できてしまいます。

交通量が多いから大丈夫なのかもしれませんが、交差点から離れていて誰も気にして走らない場所だし夜間は照明があるからと言ってもかなり暗い場所です。

そんな場所で新車を堂々と駐車場に停めているのはどうかと思いましてね。

この件を店長に確認すると、お客さんから預かった車はピット内に保管するから大丈夫という回答。

しかし、ナンバーが付いていない新車を外へ置きっぱなしにしてるんですよ。

車を預けるのは気が引けるため修理は一旦キャンセルし、今日に至りました。

 

コンソールボックスの交換作業は2時間とのこと。

結構時間が掛かるものだと思いましたが、コンソール内側のパーツを取り換えるということでシフト周り(ピアノブラック部分)のパーツを取り外す必要があるため致し方ありませんね。

丁寧な作業をしたいため時間は長めにとってありますという快いお言葉を頂き、気長に待つことにしました。

 

 店長から交換するのは中の部品のみと聞いていましたが、実際はアームレスト部分も交換したようです。

前回のホイールのクレーム交換の際もそうでしたが、サービススタッフとの連携が出来ていないようですね。

店長は極力費用増を避けたいということなのでしょうが、初期不良はメーカー持ちなので関係ないはず。

サービススタッフさんはその辺を理解していることと、この件で何度も足を運んでいるため全交換に対応してくれたのだと思います。

 

結果、通勤2日間経過しても全く異音は発生しなくなりました。

やはり、コンソール部分の異音について書き込みを見かけないことから、初期不良だったということでしょう。

 半端ないビビリ音でしたからね。

 

後はダッシュボード等から出ている異音とナビの感度。

明日、確認するためサービススタッフさんと通勤路を走ってきます。