トヨタC-HR 異音&ナビTV受信感度確認のためサービススタッフさんを乗せて走ってきました

コンソールボックス(アームレスト)からの異音は無事解消しましたが、ダッシュボード等の異音は発生したままです。

TV受信感度も頗る悪いため、合わせて確認してもらうことにしました。

 

通勤路を走っての確認ですが、時間の関係で私の会社まで行く訳にもいかず当然途中でUターン。

受信感度の悪い場所は分かっているので会社近くまで行かなくても問題ないのですが、走行した時間帯がいけなかった。

その時間帯は韓国ドラマの放映。

ドラマだと元々セリフが所々途切れたりするので、感度が悪くて途切れ途切れになるのが分かり難いのです。

無論、ワンセグに切り替わってしまっているので感度の悪さは分かってもらえるのですが、プツプツ途切れてアナウンサーが何を言っているのか分からないというのをなかなか理解してもらえませんね。

それでも、途中フルセグ状態で画面が固まったり音声が途切れたりするのを確認できたようです。

 

会社に近い道はもう少し酷いという話をしたら、どうやらサービススタッフさんがその道の近くに住んでいるということで、その道をマイカーで走って確認していただけることになりました。

ナビは社外品とのことですが、フルセグなので感度の確認なら問題ありません。

今回購入したNSZT-W66Tというより66モデル全般のアンテナ感度が悪いと思っているのです。

前車で使っていたNSZT-W64ナビの受信感度が良好だったからです。

最初はT-Connectナビだからと思っていたのですが、社用車のナビがNSZN-W64TだったのでT-Connectは関係ない模様。

私のナビがアンテナもしくはチューナー不良なのかもしれないのでサービススタッフさんの検証待ちということになりました。

 

 一方で、異音はというと一向に出る気配がありません。

少し失敗したのが、いつもは通らないショートカットするガタガタ道を通る予定だったのに、青信号だったのでウッカリそのまま直進してしまったのです。

前日まで頻繁に出ていたので、そのうち出るだろうと思っていたのが迂闊でした。

自宅近くで出ていたことを思い出し、大回りして走ってみましたが生憎バスに阻まれてしまい、思ったように速度が出ず撃沈。

異音についてはまた再発したら確認ということになりました。

けど、次の日早速出るんですよね。

助手席に人を乗せると異音が出なくなる???

肝心な時に出ないというのは良くある話ですね。

 

走行中に燃費の話が出たので、現在の走行中の燃費を申し伝えると驚いておられました。

表示の燃費は29km/Lだったのですが、全然そんな感じの運転ではなかったですねという回答。

要するに燃費に気を使ったふんわりアクセル等ゆっくり走っているわけではないからです。

全道程スポーツモード走行ですし。

外気温も32℃だったので25℃設定でエアコンオン。

もちろんエアコンのエコ制御はオフです。

ディーラーへ到着した時点での燃費は29.2km/L。

走行距離30.8km、走行時間1時間18分、平均車速24km/hでした。