トヨタC-HR 助手席側ダッシュボード異音対策のためメカニックさんを乗せて走ってきました

toyota-c-hr.hatenablog.jp

 

前回、サービススタッフさんを乗せて走りましたが異音は発生せず、異音対策はお蔵入りとなっていました。

しかし、その後の通勤では頻繁に発生するため、再度同乗走行をお願いしました。

今回は、サービススタッフさんではなくメカニックさんが同乗とのこと。

同乗走行後にピットでそのまま異音対策をするためだそうです。

 

基本、前回と同じ道を通りますが、異音が発生する場所は自宅寄りであるため、早めに同乗走行を終了する予定でした。

しかし、途中に若干ビビリ音がでたものの、肝心な場所では低速車両に阻まれて発生しなかったため、Uターンして再度走行することにしました。

今度は、長めの信号を迂回しショートカットするガタガタ道を走ってみたけれど一向に出ず、異音の出やすい道を再び走っても異音が発生することはありませんでした。

ただ、途中に出た若干のビビリ音を頼りに異音の場所を特定されたようです。 

f:id:SevenColors:20170826150139j:plain

 

黄色で囲ったピアノブラックのオーナメントパネルを押すと、ミシミシと常日頃聞いているビビリ音が発生しました。

流石ですね。

 

その他、肝心な異音は発生しなかったけれど運転席ドアからの異音が結構出たため同時に対策してもらうことにしました。

f:id:SevenColors:20170825173946j:plain

 

その場所は、スピーカーグリルとドアトリムが接触している部分です。 

f:id:SevenColors:20170826150738j:plain

 

カチカチカチカチッという耳障りな音がするので、対策したかった部分です。

 

ディーラーへ到着後、スポンジテープを貼り付けて対策していただきました。

後日、通勤路で確認することにします。

 

今回も洗車していただきました。

洗車したくても出来ない日々が続いておりましたので非常に有難かったです。

この暑い中、手洗い洗車に感謝です。