トヨタC-HR 左リアからの異音発生???

9月に入り、朝方は大分涼しくなってきましたね。

最近の出勤時は窓を開けなくても暑いと思うことなく快適です。

 普段は窓を開けて走行していたため気付かなかったけれど、エアコンパネルやセンターロアトレイ周辺からの異音が発生しております。

 

下記ブログでも書いていますが、この時はたまたま窓を閉めて走行していたのですね。

toyota-c-hr.hatenablog.jp

 

出勤時はセンター(エアコンパネル周辺)、帰宅時はレフト(助手席側オーナメントパネル)と、通る道によって異音の場所が変わってしまうのは厄介ですね。

メカニックさんに同乗してもらっても再現が難しいことから、異音対策は難航しそうです。

 

さて、通勤途中にある道沿いに塀が立ち並ぶところを通った際に左リアから異音を感じました。

コトコトといった僅かな音です。

注意深く観察してみると、一定の間隔で音が鳴り若干振動を伴っているような気がしました。

タイヤに小石でも挟まっていればカチカチといった音はしますが、振動を伴う程ではありませんね。

まさかと思って窓を開けて走行してみると、タイヤに違和感があります。

納車3ヵ月でいきなりパンクと思ったけれど、釘等が刺さっているともっと振動が出るはずです。

以前の車では配線をカシめる金具が刺さっていたことがありました(パンクはしていなかった)が、その時の振動たるや凄かったです。

それこそ、ボルトが刺さっているようでした。

 

違和感はあるものの大した振動ではなかったので会社へ到着後にタイヤを確認しました。

すると、左リアタイヤに大きめの小石が挟まっておりました。

1cmぐらいのものが挟まっており、タイヤから5mmほど飛び出ていました。

ミシュランのプライマシー3は溝が太いため小石は挟まり難いタイヤですが、こんな大きな石が挟まることもあるのですね。

 それにしても、こんなものが挟まっていたら通常もっと振動が出るはずです。

にもかかわらず振動が極僅かなのはザックス製ショックアブソーバーの性能のおかげかな。

 

最近はサスが馴染んできたのか若干フワフワした乗り心地になっており、スプリングをもう少し硬くした方がバランスが良いように思います。

高性能なザックス製ショックアブソーバーを生かし切れていないのが残念です。

 

 

アクセスカウンターアクセスカウンターアクセスカウンター