トヨタC-HR フロントガラスの油膜の原因はビビリ防止剤でした

前回、ディーラーさんでフロントガラスの油膜除去をして頂きました。

新たな油膜が付くと嫌なので自宅に戻ってから簡易コーティング剤で拭き上げておきました。

しかし、雨天走行を繰り返すと油膜でギラギラしてしまい、運転に支障が出てしまいます。

今までの車でもフロントガラスに簡易コーティング剤を塗っていましたが、油膜でギラギラしたことがありません。

 

以前ガラスコート剥離の際にビビリ防止剤をワイパーゴムに施工したと聞いていたのでディーラーさんに確認してみました。

ワイパーに施工したビビリ防止剤はモリブデン系のもので油膜の原因になっている可能性があるとのこと。

ガラスコート施工状態であれば問題ないのでしょうが、剥離した後にビビリ防止剤を塗ったら油膜でギラギラとなるので注意が必要ですね。

 

ガラスコート施工時と同様で、今回も後報告なんです。 

良かれと思ってやってくれているので強く言えませんが、何回も足を運ぶことになるのはトヨタらしいですね。

 

一度塗ったビビリ防止剤は剥離できないとのことでワイパーを交換していただけることになりました。

 

アクセスカウンターアクセスカウンターアクセスカウンター