トヨタC-HR ドア下無塗装部分の汚れの原因は?

半年点検の際にディーラーさんに見てもらいました。

 

toyota-c-hr.hatenablog.jp

 

最初は傷だと言われましたが、洗車後に塗料のようなものが付着していると言われました。

思い当たるのは通勤途中にある生コン会社。

出勤時に生コン車が何台も出て行くのですが、出入り口の道路は晴れているのに水浸しになっていることが多いです。

敷地内や車を水で洗っているんだと思いますが、おそらくセメントが混じっているんでしょうね。

生コン車のタイヤにセメントが付着して道路に散布し、それを跳ね上げてドア下部分に飛んでしまっているようです。

ボディへの付着なら塗装面が滑らかなのですぐに取れますが、無塗装部分は表面がデコボコしているのでそこに入り込んでしまっているようです。

 

本当は、この道を通らずに迂回した方が燃費にとっては良いのですが、会社への到着が10分遅くなるし走行距離が1km伸びるんですよ。

今後は少し考えた方が良いかもしれませんね。

 

ディーラーさんの洗車で前回ブログの写真よりも汚れは多少落ちてます。

ただ、無塗装部分ということでブレーキクリーナー等で拭くと白っぽくなるかもしれないとのことで、ディーラーさんでは他にやりようがないそうです。

個人的にはバリアスコートを使えば消えそうな気がしています。

汚れも取れるしコートもできるので一石二鳥。

ただ、地元のオートバックスに置いてないんですよ。

ネットショップでも売り切れ。

今月中にはイエローハットの優待券が届くので、もう少し待ってみようと思います。

 

 

アクセスカウンターアクセスカウンターアクセスカウンター