トヨタC-HR 空気圧調整&洗車しました

昨年末に洗車する時間がなく、正月早々洗車しました。

気温は低かったですが晴れており、穏やかな気候のもと洗車することができました。

まずは、空気圧をチェック。

前回は昼間に調整し、F270kPa R260kPa(冷間時F260kPa R250kPa)と高めにセットしました。

最初に右フロントを計測したら270kPaあったので調整する必要はないと思いましたが、リアを計測してみると左右ともに250kPaで10kPa減少しておりました。

左フロントを計測してみたら260kPaでリアと同じく10kPa減少となっており、右フロントのみ太陽光が当たって内圧が上昇していたようです。

で今回、さらに調子に乗ってF280kPa、R270kPa(冷間時F270kPa R260kPa)にセットしてみました。

右フロントだけは若干高めにセットしておきましたよ。

 

納車時から比べるとF40kPa R30kPa高めにセットしており、突き上げが酷く内圧にシビアだったことが嘘のようです。

規定空気圧230kPaのままだと、まるで違う車のような乗り心地で驚きます。

リア周りを中心に少し手を入れたい衝動に駆られています。

 

f:id:SevenColors:20180101174046j:plain

 

 その後はいつものようにシャワーホースで汚れを落としてから、以前から気になっていた茶色く変色している鉄粉跡の除去に挑みました。

 

toyota-c-hr.hatenablog.jp

 

以前ソフト99から頂いた傷消しワックスで磨いてみました。

周りに広がっていた茶色い部分は除去できましたが、鉄粉が刺さった小さな点のみ残ったままです。

以前ほど目立たないので茶色くならなければこのままでも良いと思いました。

しかし、前回洗車したときよりも鉄粉の付着が増えてきております。

粘土を使って除去する必要がありますが、粘土を使うと傷か付くんですよね。

今はスプレーするだけで鉄粉が取れる商品があるみたいなので、一度試してみようと思います。

 

その後、シュアラスターのカーシャンプーで洗いあげ、CCIのスマートミストで簡易コーティング。

そして、ホイール洗浄はいつものようにパス。

今回は洗うつもりでしたが、水が冷たく途中で止めてしまいました。

どうしても洗う気がしません。

今後、ブラックアウトされたホイール付きの車の購入は遠慮しようと思います。

 

f:id:SevenColors:20180101180401j:plain

 

 

アクセスカウンターアクセスカウンターアクセスカウンター