トヨタC-HR ナビ周りの異音は消えたが一時の休息に過ぎない

最近は暖かくなり、出勤時の気温が10℃前後になってきました。

帰宅時には18℃前後あるのでコート着用では少し汗ばむほど。

朝がまだ肌寒いのでコート&手袋&膝掛けは着用していますが、そろそろ必要なくなりそうですね。

 

さて、最近はあれだけ悩まされ続けたナビ周りの異音が影を潜めています。

その要因は気温ですね。

気温が低いとプラ部品が収縮し異音が発生しやすくなります。

水温が上がらなくて車内が寒く、内装の立て付けが悪いC-HRにとって冬場は鬼門ですね。

 

先般ディーラーで新たな異音対策をお願いする予定でした。

ナビパネルから出ていると思ってはいますが、みんカラを見ていてTSSPのカメラカバー内部を対策したら異音が出なくなったという記事を見ました。

カメラの結露を防止するための部品(ヒーター)が干渉しているらしいです。

以前もこちらのブログを見たのですが、カバーだとばかり思っていて内部の対策を依頼してませんでした。

 

toyota-c-hr.hatenablog.jp

 

この件をサービススタッフさんに話したら、現在異音が出ていないのに無暗に取り外したりすると新たな異音の原因になる恐れがあるので、異音が出始めてからやりましょうと言われました。

そうなると今年の年末辺りになりますので、おそらく次の車を探している頃でしょうか。

年末まで待ってもディーラーへ持って行く時間帯では気温はそこそこあるし、何よりディーラー周辺では異音が出ません。

結局手探りで対策するのだから今やっても同じだと思いますよ。

水滴跡によるヘッドライト交換も5月以降に予定してますが、どうでもよくなってきた。

それにしてもこの車は不具合だらけだねぇ。

 

アクセスカウンターアクセスカウンターアクセスカウンター