トヨタC-HR パンク修理跡を塗装しました

パンク修理跡を見る度に溜息が出る毎日。

この芋虫みたいな修理跡を以前から黒く塗り潰せないか考えておりました。

f:id:SevenColors:20180303225924j:plain

 

最初は、手持ちのタイヤワックスを使って塗ろうと思ってましたが、塗り難そうということで却下。

タイヤワックスを探そうと収納ボックスを物色していたらタッチペンを見つけました。

色はブラックマイカでちょうど良いですが、購入してから10年以上経過してます。

本来、溶剤の類はタイヤにとって芳しくありませんが、タイヤワックスとて油性タイプのものは溶剤を使っています。

筆タイプの物なので塗りやすいし、とりあえず補修材の白い部分に塗れれば良いので、物は試しということで使ってみることにしました。

 

筆に付けた塗料はドロっとしており、溶剤の成分が幾分飛んでいる感じはしますがシンナーの臭いは健在なので気のせいでしょう。

少し塗ってみると案外良い感じになりそうだったので調子扱いて一杯塗ってしまい、トレッド面にも付着してしまいました。

白い部分は完全に黒く染まったものの、補修穴に塗料が浸透して空気が抜けてしまうのでは?と心配になりましたが、エア漏れもなく一安心です。

 

塗料がブラックマイカということもあって妙に艶感が出てしまいました。

f:id:SevenColors:20180401181514j:plain

f:id:SevenColors:20180401181551j:plain

f:id:SevenColors:20180325164039j:plain

 

少し離れてみれば、以前ほど目立ちません。

f:id:SevenColors:20180401181452j:plain

 

f:id:SevenColors:20180303225842j:plain

 

走っていくうちにくすんでくるとは思いますが、塗ってから靴墨でも良かったのかなと少し後悔しています。

それでも、芋虫みたいな修理跡が幾分改善されて目立たなくなったことから、パンク修理跡を見なくなりましたよ。

 

アクセスカウンターアクセスカウンターアクセスカウンター