トヨタC-HR ダッシュボードの艶出しを行いました

以前、内装のハードプラ部分をスーパークレポリメイトで艶出しを行いました。


 

ハードプラ部分のみにしたのはソフトパットに施工すると問題が出る?!と思ったからです。

 

前回、サイドシルトリムの防傷フィルムを剥がし、その部分の艶出しを行いました。

 

toyota-c-hr.hatenablog.jp

 

前席のドア上部はソフトパットだと思い込んでいたけれど、どうやら勘違いだったようです。

よって、サイドシルトリムの艶出しついでに運転席側のみドア上部分も施工してみました。

下側のハードプラ部分とは質感が違って表面はカサカサしています。

スーパークレポリメイト施工後は、艶はそれほど出ないけどシットリとして良い感じになりましたね。

 

週末は洗車の予定をしていたけど思いの外汚れていなかっため、ダッシュボード周りの艶出しを行うことにしました。

艶出しを行っていなかった助手席ドア上部から施工するも、ドア下は靴を引っ掛ける恐れがある・・・

せっかく車を動かしたのだから全部やってしまえということで、すべてのドアを上塗りすることにしました。

 

フロントドア

f:id:SevenColors:20180420225020j:plain

 

リアドア

f:id:SevenColors:20180421222723j:plain

 

ダッシュボードもカサカサしており、ムラにならないようスーパークレポリメイトを多めに使用しました。

f:id:SevenColors:20180422112117j:plain

 

C-HRのフロントガラスは傾斜がきつくて狭く、カサカサした材質であるため奥の方の塗り込みは大変でした。

 

実は、前回施工した際にシートベルト下のトリムを押すとカチカチと鳴っていたのですが、施工後は鳴らなくなりました。

f:id:SevenColors:20180422112236j:plain

 

無論、気温上昇に伴うプラパーツの収縮が無くなったためとも言えますが、内装材の艶出しが案外異音対策になるのではと思った次第です。

 

ブラウンのメーターフードは合皮ですが、スーパークレポリメイトは合皮に対応しているようです。

f:id:SevenColors:20180421223125j:plain

 

適度な艶が出ましたね。

艶が出過ぎるとフロントガラスに映ってしまい運転に支障をきたす恐れが出てしまいます。

C-HRダッシュボードは材質的に艶々となる雰囲気ではないので問題なさそうです。 

f:id:SevenColors:20180420225045j:plain

 

夜間の帰宅時に思ったのですが、艶感は夜の方が分かりやすいです。

 ダークブラウンのソフトパットがしっとりした艶を醸し出し、高級感が増したように感じます。

 

サービススタッフさんから、艶出し剤を塗りすぎるとプラパーツが収縮して割れる恐れがあると言われました。

アーマオイルには乳化剤が入ってますが、スーパークレポリメイトには入ってないので大丈夫でしょう。

※艶出しは自己責任ですね。

 

アクセスカウンターアクセスカウンターアクセスカウンター