トヨタC-HR 今更ながらドアミラーにヒーターが付いていたことを知った

後方視界が悪い?!C-HRにとってバックカメラとドアミラーは生命線です。

幸い、洗車時にドアミラーへもスマートミストを施工するので水弾きはそこそこあり、運転への影響はそれほどありません。

しかし、夜間時しかも雨天走行となると見え辛いのは確かです。

 

みんカラの記事を読んでいてC-HRのドアミラーがヒーテッドドアミラーだということに気付きました。

エアコンパネルを何気に見ていて変なマークがあるなとは感じていましたが、よく見るとドアミラーに見えますね。

f:id:SevenColors:20180509102317j:plain

 

なぜリアデフォッガーと同時作動なのかはさておき、そもそもフロントデフロスターはおろか曇り取りでリアデフォッガーを使ったことがありません。

だからこそ意味不明なマークも気にしてなかったのですが、個人的にはリアガラスが曇っていても運転に支障はないですね。

後方確認はドアミラー中心であり、バックミラーはあくまで補助。

そもそもバックミラーで後方の死角は確認できませんから。

だからリアワイパーも使ったことないですね。

ただ、肝心のドアミラーが曇ってしまっていては運転に支障を来してしまうので、今回知ったドアミラーのヒーターは使ってみようと思います。

 

それにしても、ディーラーオプションのレインクリアリングブルーミラーは何のためにあるのでしょう。

f:id:SevenColors:20180509103139j:plain

 

これを装着しておけば、そもそも水滴が付かないのかな。

このオプションがあるので、ヒーテッドドアミラーの存在を見逃してしまいましたよ。

 

そうそう、雨天走行すると決まって見えなくなってしまうのがバックカメラ。

レンズに水滴が付いてしまい、ほとんど見えません。

それが決まって夜間の帰宅時、しかも雨天だと自宅駐車場のセンサーライトも反応もしないため困ったものです。

 そういった場合は、サイドミラーでカーポートの支柱を確認して幅寄せ。

バックミラーで後方を確認せずにフロント部分で位置合わせをして終了です。

 

女の子がときめく「体を捻って後ろを向き、片手でハンドル操作しながらバック駐車」などしませんし、「運転席ドアを開けて後方を確認しながらバック駐車」も雨に濡れるのでやらないです。

 カメラに依存するのは芳しくありませんが、慣れてしまうと必要不可欠。

バックカメラの水滴だけは何とかしたいですね。

 

アクセスカウンターアクセスカウンターアクセスカウンター