トヨタC-HR 買取査定してみました

新車を購入する際、一番値引額が良いのは決算月である3月ですね。

中古車についても一番売れるのは3月です。

そうなると買取業者は1~2月に台数をたくさん確保する必要があり、買取額も良くなりますね。

車を買い換えるなら1~2月ぐらいに商談を始めるのがベストですが、8ヵ月も先になってしまいます。

そうなると、必然的に車の価値は下がって行く訳で、いくら買取価格が上がるといっても8ヵ月分の資産価値減少額を補えるとは思えません。

 よって、季節要因でどれぐらい買取額が違うのか調べてみました。

 

調べていたらこんな表を見つけました。 

f:id:SevenColors:20180521152317j:plain

 

4~5月、12月が安くなるのは知ってましたが、8月に安くなるのは意外でした。

一方で、7月、9~10月は高くなるのですね。

 

一番買取査定が悪いこの時期に、知り合いの買取業者へ現在の買取額を聞いてみました。

すると、季節要因はあまり関係ないらしく、価格が変動するのは輸出できるかどうかだけのようです。

C-HRもターボモデルは輸出の需要があるので、昨今買取価格が上がってますね。

一方のハイブリッドは国内需要のみということで、いつ売っても同じということです。

それなら早いに越したことありませんが、余りの安さにビックリ!!!

 

なんて言うのはウソで、端から知っていましたよ。

精々230万円だろうと思っていたところ、220~230万円提示なので概ね予想通りです。

エアロ付だと査定アップになるのは相変わらずですが、そのためにカッコ悪いエアロ付けるのは気が引けます。

付けたい人は自分で付ければ!!と思うのですが・・・

最初から付いていると”お得”のように思えるのでしょうね。

 

250~260万円なら即買い替えでしたが・・・

ビッグモーターさんでも無理かな???

トヨタさんのえげつない販売方法によってリセールはガタ落ちです。

230万円しか付かないとなると、あと1~2年乗って様子見するしかありません。

異音さえ無くなれば乗り換えする必要は無いと思っているので、ディーラーさんに異音解消に向けて頑張ってもらうしかありませんね。

アクセスカウンターアクセスカウンターアクセスカウンター