トヨタC-HR ロアアームのサビ問題勃発?!

みんカラで話題騒然となっているロアアームのサビ問題。

何でもLEDヘッドライトの液垂れ問題、ワイパーのビビリ問題に続く第3段だそうで、

ロアアームカバーの溶接が不完全で剥がれて錆びるというもの。

生産がピークだった平成29年4月前後の納車に多く、私のC-HRも5月納車だったので一応確認してみました。

f:id:SevenColors:20180715200420j:plain

 

僅かに錆が出ているようです。

納車直後にこの部分を撮影したことを思い出したので確認してみると・・・

f:id:SevenColors:20180715200811j:plain

 

納車直後から錆びていたようです。

同じような角度で撮影してみると・・・

f:id:SevenColors:20180715200914j:plain

 

やはり、場所的には同じ所でした。

溶接個所が剥がれるといった症状は出ておらず軽微なものでしたね。

ちなみに、異音対策のため入庫した際にディーラーさんへフロントロアアームの確認をお願いしたところ、錆は発生していなかったようです。

 

リアは対策品が出ているようですが、フロントはまだのようです。

広範囲に錆が発生しているならば最悪ロアアームが折れて走行不能になる可能性もありますが、カバーの所が錆びているだけなので大したことは無さそうです。

症状が軽微であるためいつものように様子見です。

フロントの対策品が出る頃に、もっと酷くなっていたらディーラーさんに相談しようと思います。

 

アクセスカウンターアクセスカウンターアクセスカウンター