トヨタC-HR 純正タイヤって減りやすい?

 

以前、C-HRのGグレード純正装着タイヤについて書きました。

 

toyota-c-hr.hatenablog.jp

 

納車されたC-HRに装着されていたのはミシュランのプライマシー3です。

トレッドウェア240で耐摩耗性が高いタイヤなんですが、半年点検の際にサービススタッフさんからタイヤの残り溝を伝えられ驚きました。

フロントが5.8mmと言われてしまったのです。

 

プライマシー3の新品時の溝は約7mmです。

半年点検時は5,400kmだったので、すでに1.2mmも減っています。

 

toyota-c-hr.hatenablog.jp

 

タイヤの使用期限である残り溝1.6mmまで使った場合は、計算上25,000kmしか走れないことになります。

もちろん、1年毎にタイヤのローテーションをするので25,000kmで終わりということにはならないでしょうが、実はリアタイヤの残り溝が5.9mmと言われました。

フロントタイヤとほとんど変わりませんね。

 

リアに駆動用バッテリーがあるハイブリッド車といえどもFFでフロントヘビー。

なぜリアタイヤがそこまで減るのか理解できません。

しかも、驚くことにリアタイヤの片方は5.1mmとなっておりました。

これは流石におかしいのでサービススタッフさんに言ったら、誤差の範囲とお茶を濁されてしまいました。

専用の計測器具を使っているのだから誤差の範囲と言われましても・・・

コーナリングに左右されるフロントならまだしも、単に転がっているだけのリアタイヤですからね。

 もちろん最近は空気圧高め(260kPa)にしているのでタイヤのセンターが減りやすいのは分かっていますが、納車から4ヵ月間は指定空気圧である230kPaで走行していましたから。

 

現在の走行距離は7,350kmで、タイヤの状態はこんな感じです。

 

フロント

f:id:SevenColors:20180121132518j:plain

 

ショルダー部分に付いているスピュー(ヒゲ)がようやく削れてきた状況です。

まだ、幾分残っていますね。

 

リア

f:id:SevenColors:20180121132706j:plain

 

スピューは 一つも削られることもなく健在です。

燃費データやタイヤの状態からタイヤに優しい運転だということを理解していただけるかと思います。

それなのに片方だけ1mm近く減っているのは装着されていたタイヤにバラツキがあるのかないのか・・・

願わくば計測間違いであってほしい・・・

1年点検時に要確認ですね。

 

それにしても、トレッドウェア240のタイヤがなぜここまで減ってしまうのか。

理由を考えるならば、やはり車重とタイヤの外径でしょうか。

停止からの加速時にどうしても負荷がかかるので減りが早くなってしまうのかもしれませんね。

ポテンザで納車された方は20,000km保たないかも・・・

 

 

トヨタC-HR 無塗装樹脂部分に施工したスーパークレポリメイトの耐久性は

 

路面が濡れている状況での走行が続き、ドアの下半分は水飛沫による汚れが酷くなっておりました。

無塗装樹脂部分が特に酷く汚れていたので洗車することにしました。

以前は水を掛けながら洗車していたため手が冷たく冬場の洗車は控えていたけれど、シャンプー洗車にしてからは冷たさを感じなくなりました。

風もなく陽が差していれば充分暖かいので、夏場の洗車よりも快適ですね。

 

いつものようにシャワーを強めにかけて塗装表面に乗った汚れを落としていきます。

3週間ぶりの洗車でしたがルーフには汚れが付着しておらずコーティング膜は健在のようです。

しかし、リア周り、特にバンパー上部には汚れがビッシリ乗っております。

シャワーを掛ければ幾分汚れが取れますが、鉄粉の付着が多いのもリア周り。

走行中における空気の流れがここに集まるのでしょうか。

 

いつもなら無塗装部分の水弾きは抜群なんですが、今回はちょっと違うようです。

前回スーパークレポリメイトを施工してから2ヵ月経ちますが、それが限界のようです。

 

toyota-c-hr.hatenablog.jp

 

リアバンパーの下側(リアフォグより下)の水弾きはまだまだ健在なので、やはり陽が当たると紫外線によって皮膜は劣化するようですね。

外装に使う場合の耐久性は2ヵ月といったところでした。

 

 前回は塗りすぎてしまったようで、その後洗車した際にクロスが真っ黒に汚れてしまったため、今回は薄く伸ばしながら施工しました。

使い古したTシャツを使って塗り込んだのですが、静電気がすごくて埃が寄ってきます。

「帯電防止剤で埃や汚れがつきにくい」という謳い文句はどこへ行ってしまったのやら・・・

 今回はスーパークレポリメイト施工した後に念入りに新しいクロスで拭き上げてから、スマートミストを施工しておきました。

f:id:SevenColors:20180121122313j:plain

 

次回の洗車時にクロスが汚れてしまうのか要検証です。

 

そういえば、ボンネットにある窪みにも汚れが溜まりやすいですね。

f:id:SevenColors:20180121122427j:plain

 

洗車する際にその窪みで洗剤等が跳ねるんですよ。

風切り音対策という機能上必要な窪みなので仕方がないと諦めています。

 

 

 

トヨタC-HR LEDライトの水滴跡 その後・・・

 

toyota-c-hr.hatenablog.jp

 

昨年11月に発見してしまったLEDライト内側の水滴跡ですが、テールライトは随分酷くなってしまいました。

f:id:SevenColors:20180116112233p:plain

 

見るも無残な状態です。

垂れた跡がユニット下限まで到達しております。

モヤっとした状態になっていることから結露によるものと言えそうです。

 

一方、ヘッドライトの方は何故か消えてしまいました。

こちらはテールライトに比べると症状が軽かったし、カーポート駐車であってもフロント部分は太陽光が当たるので乾きやすいのかもしれませんね。

比較的症状が軽い場合は、春から夏に向けて消えていくのかもしれませんね。

 

 

トヨタC-HR エコ空調モードで冬場の燃費アップ

 

数日、エコ空調モードで通勤しております。

初日にいつもより燃費が良くて、その真意を確かめるためですね。

とある帰宅時では、外気温5℃で雨が降って路面が濡れている状態にもかかわらず27km/Lという数字が出て驚きました。

そもそも帰宅時は気候が良い時期でも30km/L程度しか走れないのですよ。

路面が濡れているだけでも5~10%ぐらいは落ちるし、外気温の影響もあるので25km/Lがいいところなのです。

 

先日の出勤時は外気温マイナス3℃で24.6km/L。

以前、マイナス1℃の時は23.2km/Lでしたからね。

エコ空調モードで通勤するようになってから明らかに燃費が良くなっております。

感じとしては5~10%ぐらいでしょうか。

 

空調の設定温度は22℃で風量1メモリというのは以前から同じなので、エンジン再始動の水温55℃と48℃の違いが大きいということです。

 

 

トヨタC-HRのステアリングは汚れやすい??ステインリムバーでクリーニングしてみました

 

2ヵ月ぶりにステアリングのメンテナンスをしました。

 

toyota-c-hr.hatenablog.jp

 

前回、ちょっとした汚れを除去するため部分的にステインリムーバーを使いましたが、今回はC-HRのステアリングが汚れやすいという記事を読んだため、全体をステインリムーバーでクリーニングしてみました。

 

まずは何もしていない状態のステアリングです。

f:id:SevenColors:20180113150408j:plain

 

特にテカっていたりベトついている訳でもなくスベスベしており、汚れているようには見えませんね。

 

ステインリムーバーでクリーニングしてみました。

f:id:SevenColors:20180113150645j:plain

 

冬場は乾燥しており、しかも冬場は革手袋着用しているので手の脂で革が潤うわけでもありません。

よって、元々油分の付着がないため風合いは変わらずです。

使用したクロスにも汚れ等の付着は無く、ステインリムーバーを使う必要は無かったですね。

 

いつものようにデリケートクリームを塗り込みました。

f:id:SevenColors:20180113151340j:plain

 

乾燥気味の上にステインリムーバーを施工してしまったためデリケートクリームの浸透が早く、すぐに元の状態へ戻りました。

デリケートクリームには油分が一切入っていないのでテカらず風合いはそのままです。

 

テカらすならビーワックス系を塗れば済むので簡単ですが、手に触れる部分へ塗るものではありませんね。

風合いを変えたければ濡れたタオルを堅く絞って逐一ステアリングを拭いていれば、その内テカテカ・ツルツルになりますよ。

 

 

トヨタC-HR エコ空調モードで水温の制御が変わるらしい

 

C-HRにはエコ空調モードスイッチがあります。 

f:id:SevenColors:20180112175220j:plain

 

前車ではエコモードによる空調制御がイマイチだったこともあり、エコ空調モードスイッチも同じような制御かと思って納車時から解除しておりました。

 

そんな時、こちらのブログを拝見し、エコ空調モードで水温の制御が変わることを知りました。

chr-life.com

 

私、エコ空調モードってエアコン(冷房)の制御だと思っていたためヒーターも制御されるとは思っておりませんでした。

スイッチには確かにHeatと書いてありますね。

 

通常、ヒーター入れた状態では水温60℃でエンジン停止し、その後55℃まで下がると再び60℃になるまでエンジン稼働させます。

しかし、エコ空調モード状態であれば水温53℃でエンジン停止し、その後48℃まで下がると53℃になるまでエンジン稼働となるそうです。

エンジン再稼働する水温が55℃→48℃になるのは非常に有り難いですね。

 

通勤時にエコ空調モードを試してみました。

確かに、いつもより水温計の位置が低くてもエンジン稼働しませんね。

水温△7℃の効果は大きく、いつもより5分程度早めにヒーターを入れることができるようになりました。

その割には道中の暖房の効きがイマイチであり、水温が低い影響は出ています。

ただ、先般テレビで足の指を動かしていると全身に血が巡り体が温まる旨の番組を見てから停車中に実践しており、寒さは幾分和らいでおります。

 

ヒーターを使わないと我慢を強いられますが、寒くない程度の暖かさであれば良いという自分にとってはちょうど良い空調制御ですね。

 

 

トヨタC-HR 冬場の実燃費は24km/Lほどに・・・

 

新年早々にティッシュ3箱貰うつもりだったので、昨年末に10Lのみ給油しました。

しかし、給油するためチケットを確認したら1月は16日~しか貰えないことに気付きました。

結局、1月15日まで走行する分の20Lを給油することになり、それならば年末に満タンにしておけばよかったです。

しかもモニター燃費見るのを忘れるという失態を冒しました。

 

ティッシュを貰う期間を計算すると4月になるまで満タン給油はお預けとなります。

モニター燃費が分かれば実燃費は93%なので大体計算できるのですが・・・

前回給油ランプ点灯時の走行距離をチェックしていたので、それをもとに実燃費を計算することにしました。

前回点灯時の距離から今回点灯した距離を引くと計算できますね。

 

給油量は10L、走行距離は237kmだったので実燃費は23.7km/Lでした。

 もともと冬場の実燃費は20km/Lと想定していたので思いの外良かったです。

これなら年間通して実燃費25km/Lを達成できそうです。