トヨタC-HR リコール該当箇所確認のためディーラーへ入庫してきました

リコール発表当日に予約しておいたので、週末に該当箇所確認のためディーラーへ行ってきました。

 同時に助手席側ワイパーアームの位置調整もお願いしました。

toyota-c-hr.hatenablog.jp

 

確認してもらったら、やはり1cmほど上側に上がってしまっており、フロントガラスにある電熱線の位置からズレていたそうです。

こちらは調整していただき、対策前のフラットワイパーと同じ位置になりました。

f:id:SevenColors:20180914220042j:plain

 

その他ナビ感度の件やダッシュボードの異音、ステアリング系の不具合等色々聞いていたら時間が掛かってしまい、車に戻ると雨が降っておりました。

せっかく洗車していただいたのに、間が悪いですねぇ。

 

自宅に戻る際にワイパーを稼働したら、いきなりキュッという音が・・・

toyota-c-hr.hatenablog.jp

またしても、言うのを忘れてしまいましたよ。

 

それにしても、以前よりキュッという音が大きくなっていますし、若干ビビってる・・・

ビビるのは撥水洗車の影響だと思いますが、キュッという異音はワイパーアームの位置調整が原因???

でも調整したのは助手席側だけのはず。

こちらも撥水洗車の影響なんだろうか。

来週末に洗車してワイパーゴムの洗浄を行い、様子を見たいと思います。

 

ナビ感度の問題はアンテナを交換することになり、部品到着後に取り換えとなります。

その際にダッシュボードからの異音対策、それまでにワイパーの異音が解消されてなければ合わせて確認してもらおうと思います。

 

そういえば、リコールの件についてはディーラーから何の説明もありませんでした。

ネット情報によるとC-HRはほとんど関係なさそうなので、何も言わなかったのかもしれません。

一応、自宅に戻ってから確認してみました。

f:id:SevenColors:20180914181750j:plain

 

f:id:SevenColors:20180914181801j:plain

 

f:id:SevenColors:20180914181809j:plain

 

対策箇所はカバーの中だと思ってましたが、結構手前でしたね。

カバーと接触して被覆が剥がれるということだったのでしょう。

振動が多く発生する道を走っているので若干心配してましたが、問題なくて良かったです。

中国仕様のC-HRにダイナミックフォースエンジンのM20A-FKSが搭載されているとは・・・

なんとなく、新エンジンのM20A-FKSについて調べていました。

熱効率40%を誇り、低燃費ながら最高出力=126kW(171ps)/6600rpm
最大トルク=205Nm(21.0kg-m)/4800rpmという信じられない数字です。

北米仕様のC-HRが2Lであるためウィキペディアを見ていたら、なんと中国仕様はM20A-FKS搭載と書かれておりました。

どうやら2018年5月から広汽トヨタを通じて発売されたようです。

北米仕様は3ZR-FAEのままなのに、中国には随分力を入れていますね。

 

国内ではレクサスUXに初搭載となりますが、同じGA-Cプラットフォームを使うC-HRへは容易に搭載可能。

無論、2LハイブリッドのM20A-FXSもです。

これがC-HRのハイパワーバージョンになるのでしょうか。

レクサスUXの試乗記もチラホラ出てきてますが、宛ら電動ターボのような鋭い加速をするようです。

コンベエンジンのM20A-FKSの方は随分マイルドな仕上がりのようですね。

f:id:SevenColors:20180913235307j:plain

 

発信用ギアが組み込まれたDirect Shift-CVTもラバーバンドフィールが軽減されているんだとか。

f:id:SevenColors:20180913235336j:plain

 

マイナーチェンジで国内のC-HRにも搭載されると良いですね。

 

トヨタC-HR ラゲージルームからの異音再び・・・

ラゲージルームからの異音の原因は、スペアタイヤとデッキボードの隙間を埋める黒い発泡スチロール製のパーツでした。

f:id:SevenColors:20180602155601j:plain

 

この上にバスマットを置いたら、無事異音解消となりました。

f:id:SevenColors:20180623135912j:plain

 

toyota-c-hr.hatenablog.jp

 

しかし、先般書いたダッシュボードのビビリ音再発の後にこちらも再発してしまいました。

 

toyota-c-hr.hatenablog.jp

 

ラゲージルームからの異音は気温低下が原因とは考えにくいので、バックドアを開けて確認してみました。

 すると、バスマットがデッキボードに張り付いておりました。

前回ディーラーへ入庫した際にバスマットの柄を見られるのが嫌だったので裏返しにしたことを忘れていましたよ。

裏側は滑り止め防止加工が施されているのでデッキボードに張り付いてしまったのでしょう。

バスマットが張り付いた状態で異音が発生するということは、やはり隙間がまだあるようです。

隙間を埋めるべく、洗車用吸水クロスを下側へ挟むことにしました。

f:id:SevenColors:20180913101435j:plain

 

f:id:SevenColors:20180913102139j:plain

かなり前から使っているビッグ&ワイドのものは吸水力が落ちており、使い道がなかったのでちょうど良かったです。

レギュラータイプはオートバックスの安売りで3枚買いました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ソフト99 激吸水レギュラーサイズ 04207
価格:272円(税込、送料別) (2018/9/13時点)

楽天で購入

 

レギュラータイプを使ってみたところ、こちらの方が使いやすかったので2枚追加購入しています。

 

ビッグ&ワイドの吸水クロスを折り畳んだ状態で挟んだので隙間は無くなっていると思いますが、暫く様子見です。

異音が解消されなければレギュラータイプも追加してみようと思います。

この異音は寒冷地仕様限定です。

C-HRでは寒冷地仕様をオプション選択している方が多いと聞きますが、皆さん気にならないのでしょうか?

 

トヨタC-HR ダッシュボードからのビビリ音再び・・・

本日の出勤時は外気温が20℃と一気に涼しくなり、燃費の良い気温25℃前後を通り越してしまいましたよ。

信号のタイミングの悪さも影響し、燃費は34.3km/Lと平凡でした。

 

25℃なら窓を開けて走行するのですが、その必要もないためTVの音声が純正ナビのボリューム15ほどで充分聞き取れます。

ただ、道程の1/3ほどは感度が悪くモーサテのキャスターの声が聞き取れませんが・・・

 

最近はエーモンのビビリ音低減モール(ダッシュボード用)装着及びナビパネル裏の配線引き直しによって異音から解放されておりました。

toyota-c-hr.hatenablog.jp

 

残っていた運転席ドアからの異音もなぜか自然消滅したので、当分の間C-HRに乗っていてもいいのかなと思い始めた矢先、ダッシュボードからのビビリ音が再発してしまいました。

 

再発は上記で書いた外気温による影響が考えられます。

気温が低くなるとプラパーツは収縮するのでパーツ同士が干渉しやすくなり、異音が発生してしまいます。

外気温が40℃近い場所で駐車していた車内の温度はかなりの高温になります。

私の場合は窓を開けて換気してからエアコンオンにしますが、それでも急激に冷やされるためダッシュボードの奥(窓際)からミシッ、パキッ、メキッという音が聞こえます。

f:id:SevenColors:20180708192559j:plain

 

こういった異音は、エアコン入れて最初だけ発生するのでプラパーツ収縮で間違いないでしょう。

 

今回のダッシュボードからの異音は極僅かな音ですが、高々20℃でこれでは先が思いやられます。

気温低下と共に異音が増えてくるかと思うと憂鬱です。

f:id:SevenColors:20170825173940j:plain



トヨタC-HR ワイパーの拭き取りはスムーズになったけれど新たな問題が発生

7月に対策品であるエアロワイパーへ交換していただき、拭き取りがとてもスムーズになりました。

toyota-c-hr.hatenablog.jp

 

助手席側のブレードが死角を増やしてしまったため最初は気になったものの、現在では全く気にならなくなりました。

toyota-c-hr.hatenablog.jp

 

考えてみれば、私が運転する状況において、この部分が死角になったところで何の影響もなかったです。

たまたまガソリンスタンドの停車中に気になっただけでした。

 

拭き取りがスムーズになったので改良ワイパーへ交換して良かったと思っていたところ、新たな問題が発生しました。

大雨でワイパーの稼働回数が増えてくるとキュッという音が発生するようになってしまったのです。

ワイパーが拭き上げて折り返す際に音が発生し、ワイパーが動くたびに音が出るので不快です。

 

週末にリコール対応でディーラーへ伺うので相談してみようと思います。

 

アクセスカウンターアクセスカウンターアクセスカウンター