トヨタC-HRでホワイトパールを選んだ理由

前回のブログでリセールのためにホワイトパールを選んだと書きました。

 

f:id:SevenColors:20170505175939j:plain

 

もともと、カタログを見ていた段階では新色のイメージカラーであるメタルストリームメタリック一択でした。

しかし、試乗しに行った店舗で展示されていたのを見てイメージとかなり懸け離れていたんです。

購入するのは上位グレードのGで、リセールのためにLEDヘッドライトを選択し、その流れでホワイトパールにしたんですが、実は営業さんに急かされたからなんです。

 

試乗した翌週に下取車の査定を兼ねてディーラーへ出向く予定だったのですが、営業さんが忙しいということで翌々週に予定していたんです。

その間に他のディーラーを廻って試乗車及び展示車両を拝見してボディーカラーを選ぶ予定でした。

しかし、出向く予定だった次の日に急きょ連絡が入り、3月中の納車に間に合わせたいからボディーカラーを選んでほしいと言われたんです。

 

納車3ヵ月待ちの人気車がなぜ1ヵ月後に納車できるのか意味分かりませんでした。

営業さんからは、そのディーラーの系列会社で5台確保しているからと言われました。

横入りみたいで他の方々に申し訳ないと思いながらも代車生活を避けられるので契約に至った次第です。

しかし、蓋を開けてみるとターボなら3月納車できると言われ、その後ハイブリッドだと50/50と言われ、最終的にはご存知のように3ヵ月待ち。

結局は営業トークだったということですね。

 

注文後すぐに街中で見かけるようになり、そこで見かけたメタルストリームメタリックが展示車両を見たときの印象とは違って素敵な色合いだったというオチが付いてしまいました。

 

f:id:SevenColors:20170505180025j:plain