トヨタC-HR ステアリングのメンテナンスをしました

前日の夕方に洗車しましたが1時間20分もかかってしまいました。

1週間前に洗車したばかりですが、大雨や強風の影響か車には無数のゴミが付着しており、それをシャワーホースで洗い流すのに15分程度かかったのが原因ですね。

陽が落ちてからの洗車というのに暑い!!!

 

さて、巷ではC-HRのステアリングの質感に関してあまり良い書き込みを見かけません。

しかし、個人的にはレクサスに比べると劣るものの割と高級な素材を使っていると思っております。

C-HRのステアリングに使われている革は、樹脂コーティングを施していないスムースレザー。

表面が特殊加工されていないため、使っていくうちに馴染んで艶やかな革へと変貌するタイプのものです。

そういった意味ではレクサスのセミアニリンカーフに近い素材ですね。

よって、トヨタ車に多く見受けられる樹脂コーティングされたレザーであれば水拭きのみで済みますが、スムースレザーはそうはいきません。

 

最近気になっていたのが、運転していると革がカサついており乾燥している状態に見受けられます。

C-HRが納車されてから2ヵ月も経っていませんが、ステアリングにメンテナンスを施しました。

 

本来、ステインリムーバーで汚れ等落としてからデリケートクリームを塗り込みます。

 


 

 

しかし、あまりにカサカサしていたのでステインリムーバーを使わずにデリケートクリームのみ塗り込みました。

 すると、デリケートクリームが即座に浸透していきます。

余程乾燥していたんですね。

デリケートクリームは薄く塗るのがコツですが、今回はたっぷり塗り込んでおきました。

 

塗り込み過ぎると若干シットリする感じになりますが、翌日の出勤時に触ってみるとカサつきは無くなって良い感じになりました。

 今後は3ヵ月に1回程度メンテナンスしようと思います。