トヨタC-HR リア周りから出るゴトゴトという異音の原因が判明

以前、バックドアの内窓を拭いてから発生するようになった異音。

結構大きい音なので最初は何事かと思いました。

 

toyota-c-hr.hatenablog.jp

 

異音対策をお願いしたけれど、予約した日の数日前になぜか突然直ってしまいました。

 

toyota-c-hr.hatenablog.jp

 

その後は影を潜めていましたが、今年3月初めに突然再発。

偶然にもナビ周りの異音対策を依頼してあったので、対策してもらおうと思ったら再び直ってしまいました。

サービススタッフさんにそのことを話すと、プリウスで同じような異音があったとのこと。

「結構大きな音ですよね」と言われたので、「その通りです」と答えました。

 

そのプリウスで対策した場所はこちらです。 

f:id:SevenColors:20180401161155j:plain

 

バックドア開口部左右にあるゴムパーツです。

付いている場所はこちら↓

f:id:SevenColors:20180401161254j:plain

 

バックドア側に付いている下記パーツを上記ゴムパーツが受け止める形となっております。

f:id:SevenColors:20180401161044j:plain

 

 このパーツはプラスチック製で付いている場所はこちら↓

f:id:SevenColors:20180401161752j:plain

 

私のC-HRを確認してみると、左右でゴムのアタリが違っております。

左側の取り付け方がイマイチのようで、取り外してみたら所定の位置に取付されていませんでした。

小さな穴にゴムパーツの一部が入るようになっていますが、そこに入っておらず下側が変形しておりました。

f:id:SevenColors:20180401162047j:plain

 

サービススタッフさんが変形したゴムを修正し、付け直してくれました。

念のため右側も確認してみたところ、こちらは問題ないということでそのまま取り付け、様子を見ることになりました。

どおりで左側から異音が出る訳ですね。

 

ドア側も確認していただきましたが、こちらは問題なかったようでそのまま取付けました。

1週間ほど通勤で走りましたが、リア周りから異音は出なくなりました。

大きなゴトゴト音はもちろんのこと、小さめのコトコトといった音まで無くなり、部品の取付不備一つで随分煩かったのですね。

 

最初はトノカバーだと思って、↓の部分を疑ったり、

f:id:SevenColors:20180401162453j:plain

 

トノカバーを支える部分を疑ったり、

f:id:SevenColors:20180401162514j:plain

 

シートベルトのアンカーを疑ったり、

f:id:SevenColors:20180401162751j:plain

 

挙句の果てにはリアシートでシートベルトを固定してみたりと、

f:id:SevenColors:20180401162952j:plain

 

全く見当違いでしたね。

まさか製造過程での取付不良によるものとは思いもよりませんでしたよ。

 トヨタ自動車東日本の岩手工場さん、しっかりしてください。

 

ナビパネルからの異音は影を潜めているので、あとは運転席周辺から出るビビリ音だけですね。

これは助手席側オーナーメントパネル等に防音処理したことによって異音が運転席側に移動してきていると思っていますが、みんカラでコラムカバーの取付不備によって異音が出ていたという記事を見たので1年点検の際に確認してもらおうと思っています。

 

アクセスカウンターアクセスカウンターアクセスカウンター